• 債務整理弁護士110番
  • 弁護士費用
  • 自己破産
  • 弁護士紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
コンテンツメニュー
  • アクセスマップ
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
借金コンテンツ
  • 債務整理診断チャート
  • 弁護士必要チェッカー
  • 債務整理の事例
  • 借金Q&A
  • 武富士破綻問題
  • ブラックリスト
コンテンツメニュー
  • 債務整理弁護士110番
  • 任意整理弁護士110番
  • 過払い金返還請求弁護士110番
  • 自己破産弁護士110番
  • 個人民事再生弁護士110番
モバイルサイト
携帯電話からでも簡単にご相談頂くことができます。いざというときのためにBookmarkをお勧めします。

ブラックリスト

武富士破綻問題があり、債務整理の相談者や依頼者の方から、ブラックリストについて教えてほしいとの質問を多くいただきますので説明いたします。

信用情報登録とは

信用登録情報とは、債務者が債権者に対する支払いを滞った場合に、債権者のグループが保有するリスト(信用情報)に登録され、今後新たな借入をする事が難しくなる事です。

消費者金融業者や審判会社では、信用情報を共有しているため、一度でも信用情報に登録されてしまうと、新たにお金の借入れが出来なくなることがあります。この信用情報に登録されてしまう事を一般的にブラックリストに載ってしまったというような言い方をしています。

ブラックリストに登録されている期間は、一般的には5~7年程度と言われています。当然その期間については新しい借入れが難しいでしょう。

債務整理をしたいと、弁護士に相談した時点で支払の請求は止まるのですが、ブラックリストにも載ってしまうのです。

もちろんみなさんブラックリストに載るのは避けたいとお考えかと思います。
私たち弁護士はブラックリストに載らなくても済む方法もご案内出来ることもあります。まずは弁護士にご相談ください。

ブラックリストに載るのを回避できるケース1

借金をすでに支払終わっている方はもちろんブラックリストには載りません。
ただし、過払いが発生していることも考えられます。完済してから10年以内の方は、自分が過払いが発生しているのか、弁護士にご依頼頂く必要があります。

ブラックリストに載るのを回避できるケース2

弁護士に受任通知を出してもらうとその時点でブラックリストに載ってしまうため、受任通知を出す前に弁護士に取引履歴を取り寄せてもらい、きちんと引き直し計算して過払いが発生している事が確実になって、弁護士に依頼⇒過払い金請求という方法もあります。

上記の方法でも100%ブラックリストに載らないわけではないので、まずは弁護士にご相談ください

できるだけブラックリストに載らないように、私たち弁護士は受任通知をあえて出さず、いきなり過払い請求をします。債権者からすぐに支払がなければ訴訟提起するという手順をとってブラックリストに載る事を回避できるように動くこともあります。

ブラックリストに載るのを回避できるケース3

信販会社すべてが受任通知が来た時点でブラックリストに載せるとは限りません。
弁護士が受任通知を出したあと、和解がすぐに成立した後も今までのように支払いを続けていく形になった際はブラックリストに載せないこともあります。

こちらは一部の手法です。細かくは下記より弁護士にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。